大阪/長堀/堺/北野田/東大阪/ホームヘルパー2級(初任者研修)養成講座/ガイドヘルパー養成講座

喀痰吸引等研修 《第二号研修》

  • HOME »
  • 喀痰吸引等研修 《第二号研修》

喀痰吸引等研修【第二号研修】

喀痰吸引や経管栄養の実施は原則として医師や看護師以外は認められていませんでしたが

2012(平成24)年4月以降、一定の研修を受けた介護職員等がたんの吸引と経管栄養の実施ができるようになりました。

この研修を修了すると一定の条件のもと、「口腔内・鼻腔内の喀痰吸引」と「胃ろう・腸ろうの経管栄養」が実施可能になります。

当スクールでは単にたん吸引の技術を学ぶだけでなく、各自が現場で安全に行えるよう現役の指導看護士がきめ細かく指導いたします。

現在、介護・看護現場では、依然として人材が不足しております。

特に在宅、介護保険施設等で多いたんの吸引や経管栄養等といった日常の「医療的ケア」においては、これまで、当面のやむを得ず必要な措置(実質的違法性阻却)として介護職員等がたんの吸引・経管栄養のうちの一定の行為を実施することを運用によって認めていました。

しかしながら、こうした運用による対応については、そもそも法律において位置づけるべきではないか、グループホーム・有料老人ホームや障害者施設等においては対応できていないのではないか、在宅でもホームヘルパーの業務として位置づけるべきではないか等の課題が指摘され、たんの吸引等が必要な者に対して、必要なケアをより安全に提供するため、介護職員等によるたんの吸引等の実施のための法制度の在り方等について検討された結果、2012(平成24)年4月から介護職員等による喀痰吸引等についての制度が始まりました。

喀痰吸引等研修には、第一号、第二号、第三号研修の3種類があります。

第三号研修は特定の利用者【筋萎縮性側索硬化症(ALS)又はこれに類似する神経・筋疾患、筋ジストロフィー、高位頸髄損傷、遷延性意識障害、重症心身障がい等を患っている療養患者や障がい者】に対してのみの「喀痰吸引」「経管栄養」が可能です。

第二号研修は不特定多数の者に「喀痰吸引(口腔内・鼻腔内)」「経管栄養(胃ろう・腸ろう)」が可能です。

第一号研修は不特定多数の者に「喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)」「経管栄養(胃ろう・腸ろう・経鼻)」が可能です。

当スクールでは今の介護事業所のニーズを考え受講生の実習日が少ない第二号研修を行います。

care_1
受講資格は特にありませんが、たん吸引・経管栄養が医行為であることから介護福祉士ホームヘルパー1級2級介護職員初任者研修介護職員基礎研修のいずれかの資格をお持ちの方で、介護の実務を6ヶ月以上経験した方を推奨いたします。
care_2
スクーリング(講義) 9日間 58時間
人間と社会
保険医療制度とチーム医療
清潔保持と感染予防
健康状態の把握
安全な療養生活
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引概論
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引実施手順解説
高齢者及び障害児・者の経管栄養概論
高齢者及び障害児・者の経管栄養実施手順解説
修了評価

基本研修(演習)
実地研修 約10日間
予めお聞きした実習希望日を基に、約10日間の実習を行います。
※実地研修は10日以上かかる場合もございます。予めご了承ください。

*たん吸引・経管栄養研修の日程はこちら*

アスラン介護スクールの特徴

特徴1 現役講師人による教育プラン

しっかりと現場で活躍できるようなヘルパーを育成するために今も現役で働いている介護福祉士、看護士、ケアマネージャーなどの講師陣が授業を担当し、マニュアルだけでは分からないあらゆる状況に対しての対処法を分かりやすく的確にご指導いたします。また、講師や受講生との授業提案を踏まえて更に「楽しい・詳しい」授業になるよう日々工夫をこらしております。

特徴2 通学しやすい会場

当スクールはお仕事をしている方でも通学しやすいよういづれも最寄駅から5分とかからない駅近くの教室にて講義・演習を行います。また実習がある場合もあらかじめ実習希望日をお聞きし、どの地域からでも通いやすい実習先をご提案しております。

特徴3 資格取得後のご相談にも積極的に対応いたします

当スクールでは自社が介護施設を開設してないため、就職の相談からお仕事に関するお悩みまで公平な立場でご相談いただけます。また、受講修了後も気軽に相談できるようなアットホームなスクールをモットーに「こんなことがしたい!!」「このことで困っている」とあらゆるご相談に対し親身にお答えするようスタッフ一同心がけております。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-4963-8553 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © アスラン介護スクール All Rights Reserved.